転職情報サイト:BurselfWoman

看護師を中心に女性視点で転職を考えていきます。

仕事・転職

スーパーのレジを解雇されたことについて思ったこと

投稿日:2016年9月10日 更新日:

私は1年近く前、2年間ほど勤めていたスーパーのレジを解雇されました。
理由は経営が不振で経費を切り詰める必要があったのです。それで私が解雇の対象になりました。
しかし矛盾していることに、このように人件費を切り詰める方針なのに
夜の時間帯は募集していたのです。そのことについて私が意見を言うと、夜に関しては人が足りないとのことでした。
主人にそのことを話すと、「夜に入っていなかったことが大きかったし、印象を悪くしたのではないか」と
言われました。そして私が辞めた直後に他のパートの人たちも、「夜は本当に人が足りないので協力してほしい。
協力しない人はどんどんカットする」と言われたそうです。このことからも夜の時間帯は本当に必要なんだと思いました。
そこで私のこれまでの勤務状況を振り返ってみると、イベントなどで人員が必要としていた時に夜に入るチャンスは何度かありました。
しかし私はシフトを増やされるのが嫌だったので拒否ばかりしていました。
それにポスティングの仕事と掛け持ちしていて、自分の出勤日以外にも出勤を要請されても、
ポスティングのことばかり口にして、体を壊してまで働きたくないとばかり言っていました。
よく考えてみると、レジの仕事よりもポスティングの仕事の方がずっと好きでした。
上司を含め、周りの人たちにも私の言動からそのことが伝わってあまり良い印象を与えず、
おまけに夜にほとんど入っていないことも解雇の大きな原因だったかもしれません。
パートの人の中で一番新しいという理由は半分はあてはまっていたかもしれないが、後の半分は
前述したように勤務態度においてあまり良い印象を与えず、意欲的でなかったことが考えられました。
思い返してみると、レジの仕事は自分から望んで始めたわけでなく、主人に言われてしぶしぶ始めました。
自分が本当に好きで始めたならば、夜の時間帯にもすすんで入っていただろうし、シフトを増やしてほしいと
いう要請にすすんで答え応じたと思います。
パートの中で一番新しいと言っても、夜の時間帯にすすんで入るなりもっと意欲的であったならば、
私が解雇の対象にならなくてすんだかもしれないです。

-仕事・転職

執筆者:

関連記事

no image

仕事は半分が人間関係

社会人になって10年。ありがたいことに転勤はありましたが転職することもなく新規採用時から同じ会社に勤めています。仕事内容は受付事務です。会社に訪ねて来られたお客様の対応や総務の事務を行っています。私の …

no image

天職であるポスティングの仕事について

私はポスティングの仕事を20年ほど続けています。水曜日に配布物が届いて木曜日と金曜日に配布するという 流れです。月に2回か3回程度です。この仕事は私にとって本当に天職であり、 趣味のようにさえ思えます …

no image

未来に備えて転職を考えてみる

今私はコールセンターのオペレーターとして1年ほど働いて居ます。 毎日必ず来るクレームの電話、操作がわからない為の操作案内、ただのお客様の勘違いなどこれは後々に機会やロボットができるだろうな、と思ってし …

no image

地方から東京への転職

地方で働いているけど「東京で働きたい」と思っている方も多いと思います。私もそう思っており地方から東京に転職した者です。地方から東京に転職を考えている方の参考になれば良いなと思っています。私が転職しよう …

no image

仕事は上司で決まる

私は過去保険代理店の事務職をしていました。最初は保険代理店の窓口のアルバイトとして応募したものの、面接担当者から是非本社での仕事もあるので、本社での面接も受けて欲しいと言われ、本社への面接に行きました …